あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

今日の出来事

今日は久しぶりに昔の友達と会う機会がありました。 最近会ってないなぁ、なんて思いつつ、たわいのない話で時間は過ぎていきました。 とても癒されましたね。当時はあまり話せなかった人とこの機会に話して、新たな体験もありました。 私は当時学級委員長をやったり、同じ趣味の人同士で話をよくしてましたね。 例えば、まあ例によって『昔の音楽』なんですがね。 たぶん、傍から見れば地味な集まりに見えたでしょうね。 ある友達の1人は、バンドブーム以来のバンドに詳しくて、 ある友達の1人は、妙に80・90年代の曲に詳しくて、私はただただ尊敬していました。 なんで、ここまで知り尽くしているのだと・・・ また、彼らとはカラオケに行く機会も多々ありました。 それが上手いんですよ、歌が・・・ 私はどちらかというと、歌が下手なほうなんですよね。 ELTPerfume以外はほとんど唄えないんですよ。 いや、唄えるんですけど、音域が出ない・・・んですよね。 彼らはいつも歌が上手く、羨望の眼差しで見ていました。 今日、そのうちの一人と会いまして、カラオケに行きました。 私は今日もなかなか上手く唄えず、(←いや、毎度のこと) 気が滅入ってしまいました。(←私、考えすぎなんですよ) どうやったら歌を歌い上げられるんだと、ただただ悩んでしまいました。 そのような気分の中でも歌い続け、 SMAPの『ライオンハート』を唄っている時、 様々な感情が交錯し、 私は思わず人目をはばからず涙してしまいました。 あぁ・・・ そんな中、彼が私の次に歌った曲は、B'zの『Calling』でした。 冒頭部歌詞『この声が聞こえるかい・・(中略)・・どうか苦しまないで』 私はうつむいていましたが、思わず彼を見てしまいました。 これは・・・彼が私を思ってわざと選曲したのか・・・と。 私は彼の熱唱を終始涙しながら、聴きました。 こんなに人の曲で感動するのか、と思ってしまいました。 彼の声はただただ力強かったです。 私はわがままであります。ただその一言に尽きます。 そして、まだまだ未熟であります。それを痛感させられました。 さらには、友の温まる思いに心を休めた一日でありました。 今後ともどうぞよろしくお願いします。