あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

新たなる世界を求めて……

ちょっとこの前の3連休を利用して行ってまいりました。 友達が誘ってくれたことがきっかけだったのですが、 私にとっては初めての体験だったのですぐさま色々な準備をしました。 当初は列車の指定券が取れないんじゃないかとあせっていましたが、 なんとか当日のキャンセル待ちで取ることが出来ました。

 

旅の始まりは新宿。 23時54分にムーンライト信州という夜行快速に乗り込みました。 初の夜行列車だったんですが、寝付けないままで松本に到着。

この時の時刻は早朝4時40分近く。 普段の生活を考えるとありえない事なので、変な感覚でしたね。 夜も明けてませんでしたし、松本駅は閑散として寒かったです。 ひとまず5時におにぎりを朝食としました。

ホームの蕎麦屋があわただしく開店の準備をしている最中、 6時20分近く松本駅から北上しました。 次に向かうは姨捨駅。 日本三大車窓の一つとして有名なこの地ですが、天気が悪いことが気がかりでした。 しかしこの地に着く頃には景色が開け、見事な眺めを望めました。 ちなみにこの駅は無人駅です。 帰り際に記念スタンプを押してここを出ました。 電車の中では2人とも寝ていました。 寒気と眠気が容赦なく襲い掛かります。

 

そんな中長野駅に8時ちょっとすぎに到着。 僕らはもはや8時間起きてるのも同然だったので、 なんだかお昼の感覚で、駅弁を捜し求めていましたが未だ開いておらず。 しかし発車15分前になんとか買うことが出来、 臨時列車の快速『北信濃NODOKA号』にのりました。 もともとこの列車に乗る予定ではなかったのですが、 新宿駅のホームで急遽予定変更し、指定券をとっていました。 カーペット車で、初めての体験でした。

おそらくジョイフルトレインといっていいのでしょうかね。 牽引車の連結が遅れ、出発もまさにのどかな感じでした。 この車両の中では、駅弁を食べながらくつろいでいました。 のちほどこの列車が現地のイベント車両であることを認識することになりました。 車内では現地のPRアナウンスが流れ、パンフと共にぶなしめじをいただきました。 飯山駅と森宮野原駅では太鼓のパフォーマンスもありましたね。 また臨時列車ということで、各地の撮影ポイントにカメラマンが集結していました。

 

終点の森宮野原に着いたのは11時30分の前あたり。 ちょっと駅の周りを歩いたりもしました。 森宮野原駅から単線の飯山線十日町越後川口まで行き、 そこから水上まで下りてきて、高崎でまた乗り換え、 最後は池袋でENDとなったのですがもう19時ということで、 凄まじい旅となりました。

前後しますが、十日町駅ではほくほく線との接続駅で、 いままで夢に見たほくほく線のホームに立ちました。 電車でGO!にはほくほく線が収録されている作があるもので、 非常に興奮しましたね。 気分転換にはなりましたが、むしろ疲れてしまいましたね。 でもこれはいい思い出でありました。

最後に今日は『SMAP×SMAP』にPerfumeが出演予定です。 どうかお見逃しのないように……。