あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

バレンタインが近づいて~♪

ついに今年もこの季節がやってきましたね。 ニュースでもバレンタイン商戦についての特集が扱われ、 その度に『チョコレイト・ディスコ』が流れると、 やっぱり心地いいです。

元々は2007年のFan Service [sweet]の収録曲で、 この曲を木村カエラさんが自身のラジオ番組でプッシュしたことで、 一気にポリリズム、GAMEへとつながるブレイクに発展していきました。 そういう観点からみると、あのアイドル冬の時代にあのクオリティの楽曲が作られていたことに、驚きを隠しえませんね。 そこには中田ヤスタカのセンスと、Perfume3人の強い気持ち、 支えるスタッフのしっかりとしたサポートがあり、 それは今でも変わらない確固たるPerfumeの重要な要素になっています。

YouTubeでの再生回数はとあるところで400万回を超え、 継続した人気の強さを物語っています。 本当に10年後、20年後と伝っていくような曲であってほしいと思いますし、 ファンとして次世代に伝えていく義務があるようにも思えます。 記事としているのはそういう意味も多少はあります。 よく比較される国生さんの楽曲には、 長らくその座を守ってきた安定感がありますし、今年は渡り廊下走り隊7(from AKB48)がカバーすることもあって、 多少の盛り上がりがあちら側でもあるようです。

しかしながら・・・・・・ 今年も是非ダンスフロアで埋め尽くされたバレンタインデーになってほしいですね。 きっとわくわくした気分にさせてくれることだと思います。

そしてここからはあまり関係ない今日の出来事についてです。

 

今日たまには行くかと思い、後楽園に久々に行ってみる事にしました。 あぁ、もうドームからふた月以上経ったんだなぁ、と思いつつも、 思ったより心の中は晴れやかな感じでした。 休日ということもあり、人の数はなかなかの多さでしたね。 LaQuaにはショッピング施設やアトラクションがありますので、 行楽目的の方々が多かったように思えます。

何やら音が聴こえてきたので、そちらの方へ向かうと、 とある知らないアイドルグループが活動していました。 あのラクーアガーデンステージですね。このような機会に立ち会うのは久々だったので、 少し立ち止まって曲を聴いたり、雰囲気を見たりしていました。

『CANDY GO! GO!』というグループらしいです。 なんでもクラウン徳間ミュージックからデビューした別のグループの派生ユニットということで、Perfumeのレーベルとはやや近いような遠いような関係の会社のようです。

いわゆるアイドルソングという系統の感じで、 ベンチの辺りには3,40人ぐらいいましたね。 上から見下ろしている人もいて、まずまず集まっていたのでしょうか。 握手会もやっていて、気になった人や特別なTシャツを着たファンの人達が行っていましたね。 掛け声もいわゆるアイドルらしい感じでした。

これからどうなっていくのか分かりませんが、 ラクーアということもあり、多少気になるところではあります。 このラクーアや亀戸サンストでの『アイドル』が、 いつの日か音楽をより多くの人に提供してくれる日がきてほしいなと。 パフュのストーリーは、ドラマティックなところもありましたが、 継続していく努力は何物にも変えられない賜物なのだということを念じてやっていってほしいですね。