あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

ダイヤ改正に涙

ひさしぶりの今日は鉄道の話です。

3月17日のダイヤ改正により、300系新幹線が全廃になりました。 さらには山陽新幹線『こだま』のみの運用が続いていた100系新幹線も廃止になりました。 個人的にはとても愛着のあった300系『のぞみ』。 100系『ひかり』、0系『こだま』。それぞれの車両が個性を発揮していました。

昔は100系に食堂車がありましたね。 新幹線が一種の特別な列車であった時代だと思います。 しかし更なる新車両の開発が寿命を縮めていきました。 乗り心地や座席周りの機能もN700系と比べると、どうしても劣ってしまいます。 所要時間短縮という意味でもカーブであまり減速をせず、最高速度もより速いN700系に劣ります。そう考えると今回のダイヤ改正は来るべきものだったのでしょう。

ダイヤ改正後は東海道新幹線内での定期『のぞみ』は全てN700系になります。 そして、東海道・山陽新幹線で使われる車両は、500系、700系、N700系の3種になります。 ちょっとバリエーションとしては寂しい感じがしますね。 500系はかなり個性的ですが、700系とN700系はビジュアル面では似たような感じですし。 でも、また新たな車両が時代を築いていくんでしょうね。 一体どんな夢をみせてくれるんでしょうか。

 

またブルートレイン『日本海』、急行『きたぐに』の定期運転廃止も寂しいです。 ブルトレが縮小してしまうのは、今の時代を考えるとやむを得ないとしても、 あのゆったりとした時とともに旅をする機会が減っていくのは残念ですね。時にはそういった時間の使い方も大事なんじゃないかな、と思います。 これで定期運転のブルトレは『北斗星』『あけぼの』のみですか。 やっぱり鉄道好きで育った自分としては切ないです。 今回のダイヤ改正で他にも廃止に追い込まれた車両、編成もありますが、 いつまでも人々の記憶の中で生きつづけていけますように祈りたいです。