あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

アイドルとの出逢い~Part3:色々と思いを~

急に更新し始めたこのブロガー。 なんか書きたくなったので、書いていますが(笑) ちょっとパフュ禁に対するリバウンド現象の予兆である気が。

もうですね。フェスに行けないとか、Perfumeのパフォーマンスを生で見れないとか、そういうことではなくて、いま出来る応援の形をひたすらにやっていこうと思うようになりました。

在宅応援。これしかないですよね。結局ここ数年は花火さえも見れない状況が続いてますが(笑)、そんなことはいいのです。もう『ひみつの嵐ちゃん』でインターフォン越しの3人の少しゆがんだ、可愛い顔を拝めるだけでも幸せなのです。のっちが『おにぎり』と発音するだけでも幸せなのです。ゆかちゃんが今にも笑い出しそうに、口をふくらませているだけでも幸せなのです。あ~ちゃんがただおにぎりを食べる姿を拝むだけでも幸せなのです。

とか言ってる間に完全に書こうとした主題から外れました。

 

ここいらでアイドルの話、つづきです。

Perfumeファンになってから、そこまで積極的にアイドルに興味を持っていたわけではありませんが、少なからず気になることもありました。それがまた音楽的嗜好と直接的につながるとは限りませんでしたが、述べていこうと思います。

まずはTomato'n Pine。 かなり音楽的に注目しています。好みです。

去年の夏前くらいにタワレコに行った際に聴いたのは、Tomato'n Pineの『旅立ちトランスファー』でした。飾り気のない素直な3人の歌声と、綺麗に飾られたバックの音楽。それだけでもう十分に満たされてしまいます。どこかで聴いたことあるような、そんな懐かしい気もしました。それ以来Tomato'n Pineは密かに見ています。 去年のクリスマスのジングルガール上位時代も、日比谷線とか改札とか電車関係のこととクリスマスを絡ませていて、ロマンティックですよね。特に電車好きですから。いい曲です。3人の1人喋りもありますし。テンポも焦らさず、落ち着かせずといった丁度いいところをいってますよね。

次はももクロ 現場には行ってませんでしたが、2009年に電機店や公園でライブ活動をしていた事は知っていました。そしてAKBのブレイク前夜を逆手に取った『今、会えるアイドル』といったキャッチフレーズの秀逸さは大いに驚かされました。 その後しばらくして、メジャーデビューシングル行くぜっ!怪盗少女が出たのを知りましたが、確か7種くらいのシングルがバァーっと並ぶ姿は壮観でした。この曲のインパクトが今も離れません。4分間ノンストップ、あっという間に駆け抜けるその疾走感がたまりませんね。 ピンキージョーンズは近くのアニメファンからの反響が大きかったのを覚えています。友達も僕がPerfume(=アイドル)ファンということを知ってたようですが、逆に薦められちゃいました(笑) ライブのキャパも増やし、こないだまで横アリだと思ったらもう西武ドームですか。 最近の勢いは凄いですよね。 でもやっぱなんだかんだであ~りんですよね(´▽`*)

次はSUPER☆GiRLS。 ちゃんというと楽曲に惹かれたというよりも、Avexがこんなアイドル王道の曲を作ったのか!?という驚きの方がかなり大きかったです。自分の中でダンスミュージックのAvexiDOL Streetというレーベルを作ったことは聞いていましたが、実際に曲を聴くとそれはびっくりでした。 確か初めて聴いたのは2nd SingleのMAX!乙女心』。結構MUSIC JAPANにも来てましたし、聴く機会はやや多かったのかなという気はします。3rd,4thとアイドル音楽としての彼女達らしさが発揮されていました。

さてさて、次はFairies。(というかアイドルなのか?) なんとまぁ、偶然なんですがイベントに参加してしまうといった事態に。 なんというかギャップですよね。もともと売り始めた際は個人的にダンスに対してシビアなイメージが強く、う~んちょっとみんな年下だし、ひとまず動向を見守ろうとしていました。その後そうやって関係性は保たれたんですが、たまたま日テレの『スッキリ』で見てしまったんですよね。 4th Single『Tweer Dream/Sparkle』ですか。 ふ~ん、今回はかなり可愛い感じの衣装なのね、と。 それが偶然、ある意味勘違いの始まりでした(笑) その前にも『中居正広のブラックバラエティ』でFairies、モー娘。の番組を見てましたし。 イベント当日は後楽園。あのラクーアガーデンステージ。 その内容は後日。書いてたら終わらなくなってしまう・・・。 Fairiesの出演するテレ東の『原宿キラキラ学院』はますだおかだの岡田さんが教師役なのですが、やっぱり岡田さんさすがです。岡田さん個人的に好きなので。でもあまりメンバーに無茶振りしないであげてください(笑)いやお題を出されてあたふたしているFairiesのメンバーもとても可愛いんですが。

最後は、私立恵比寿中学 このあたりまでくると音楽的にというより、これまた人づての偶然です。 ももクロの妹分という肩書き程度しか知らなかったんですが、僕が女子流の話をすると、友達がエビ中の話をしてきたのでTOKYO-MXの『エビ中の永遠に中学生(仮)』をこないだ見たのですが、そのなんとまぁシュールなこと。 いや、今の時代にこんなシュールな番組が残っていたのか!と。どこに食いついているんだ、と思われるでしょうが、いきなりマネキン進行役に加え、布団にくるまるエビ中+男性1人という構図の異様さはきっと感じ取ってくれるはずです。 今度MJ ANNEXに出るようなので、一応チェックしてみます。

MJ ANNEX 放送決定! 8月24日(金)25:45~ (出演)androp A-JAX 小林太郎 シシド・カフカ 私立恵比寿中学 SCANDAL 7!! Tokyo Cheer② Party 南波志帆 BUCK-TICK back number Base Ball Bear Hemenway BOYFRIEND miwa Rake (MC)ヒャダイン 南波志帆 MJトップページより

というか、この番組まさに懐かしき深夜枠のMJのような番組じゃないですか!? MCが前山田健一南波志帆ってすごいですね。 back numberも楽しみです。 ちなみにMJ本編(8月19日(日) 18:10~)にてPerfumeの『Hurly Burly』披露の模様ですので、そちらもお楽しみに。

 

やっぱりPerfumeがいままで歩を進めてきたように、今アイドルと呼ばれるグループもその個性で成長していってほしいなぁ、というのが自分の願いです。Perfumeはじめ多くのアイドルが苦境に立たされた頃、自分はアイドルに対していいイメージを持っていませんでしたが、その罪悪感が今の自分を作り上げてきたように思います。 これからも多くのアイドルに対して動向を注視していこうと思います(o^∇^o) Fairiesに関しては後でレポの様子を追加します。 そして東京女子流、トマパイは自分の音楽的嗜好に一致しましたので、より注目していきます。

そして何よりPerfume。 これからも応援していきます(*^-^)

1記事で文字数過去最長の模様。 怒涛の勢いでした(笑) それでは、また。