あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

October 15th My Memorial Day

3年前。10月15日。自分は横浜アリーナにいた。Perfumeのライブを観るために。

開演は18:30であった。しかし自分の到着がギリギリになることを予め分かっていた自分は、新横浜へのアクセスの悪さに改めて気づいた。JR横浜線横浜市営地下鉄、そして東海道新幹線。そうだ!もうPerfumeの物語を終始見届けるためにはこれしかないのだ。それは20分の長旅であった。

横浜駅を駆け抜けて横浜アリーナへ向かった。あぁ、なんとか間に合ったようだ。 そのままアリーナの中へ突き抜ける。 そういえばあの頃はまだファンの間の知り合いもいなかったし、数少ない友達を誘うか一人で行くかのどちらかであった。この日は一人であったが、何より一緒に思いを共有できるファンが集まって、一つの雰囲気を作っていることにこの上ない喜びを感じていた。

 

ようやく自分の居場所が見つかったように思えた。

座席は中2階のような場所。アリーナ席中段。ややPerfumeとの距離は遠そうであったが、代々木の時よりはかなり見やすかった。あのY字路状に分かれた場所に、かしゆか、あ~ちゃん、のっちが配置されるのだろうか。ライブの中身を予想する。そんな事が実は大きな楽しみであったりする。 天井を見上げる。靄のように白いものが薄くかかっている。ミストだろうか。なんとなく涼しげな感じがする。 センターステージを細い目で見つめる。暗がりの方、先ほどの白いベールに包まれて、モニターが見えた。一体どんな物語が映し出されるのだろうかと、目を閉じてみた。

 

いきなりの離陸に驚いた。その後の夜間飛行。窓からは3つの光り輝く星たちが見えた。その輝きについつい見とれてしまう自分がいた。言葉では表し難いものである。ざわめく観衆の中、この貴重な瞬間を噛み締めていた。 このライブでは自分にとって勝負であった。前回の代々木では、Perfumeのパフォーマンスはともかくファンに圧倒されてしまった。なかなか本番のライブでのフリやコールは難しく、後悔がのこった。 しかし、今回はかなりうまくいった気がしていた。ちょいちょい周りの人を見ていたが、PTA会員であるLSG09を誇りに、堂々と自分なりに楽しめたのであった。

 

無情にも楽しい時ほど過ぎ去るのは早い。あっという間の3時間であった。今までのPerfumeを大事にしてきた部分と新たな大人っぽさを見せた部分、両方を体いっぱいに感じられたのは大いなる喜びだった。 余韻に浸る間もなく、満員電車の中で帰途につく。ファンの人が徐々に散り散りになっていく寂しさを感じながら、しみじみとした気分で思い出を再考する。三人やっぱかわいかったなぁ。 ブログを始めたのはその日の約3週間後でありました。近くに普段このことを話せる友達がいなかったのに加えて、今となってはこの時の興奮が後押ししたのだろうかと思ったり。

加えてこの2週間後に再びこの場所でPerfumeと相見えることになります。そしてマカロニサイクリング。あの日の夕陽を思い出すなぁ。当ブログ2つ目の記事。 あれから3年、自分にとっても劇的に世界は変わりました。 一つ一つの経験を大事にする気持ち。どれも決して無駄ではなかったという気持ち。そして後悔の無いように、今自分の能力を限界まで発揮してやるんだという気持ち。すべて3人の生き様から学びました。今はこれを自分が生かす時であるような気がします。夢のために。

あの純粋な頃の自分は言う。夢は叶えられていますか?