あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

Perfume Playback 2012~作品編~

Perfumeが2012年に送り出した作品は以下の4作品です。

○ 15th Single 『Spring of Life』

○ 6th Live DVD『Perfume 3rd Tour 「JPN」』

○ 16th Single 『Spending all my time』

Perfume Global Compilation“LOVE THE WORLD

今年は2つのツアーがありましたが、シングル2枚を出しました。 DVDは今年前半のJPNツアーのDVD。 アルバムは過去の楽曲を交えたもので、海外へ向けた構成盤ということですね。 ここから一枚ずつ感想をまとめてみます。

 

○ 15th Single 『Spring of Life』 発売日:2012/4/11

JPNツアー途中、3月初めに公式発表があり、ユニバーサルミュージックへの移籍後第1弾となったシングルでした。JPNツアーでは宮城が初披露となり、自らの予想があたったことへの喜びとPerfumeの粋を感じました。ユニバーサル側の考えるPerfume像が存分に生かされた作品で、アンドロイドといった無機質な題材は何かと近未来三部作と比較されたように思います。

人生の春。それはまた、Perfumeが海外で活動できる道が開けたことへの喜びとも取れました。個人的には徳間という場所はPerfumeにとって非常に重要な場所だという認識でありますが、良い点もあれば悪い点もあって、今回の移籍はやむを得ない決断と言えるでしょう。しかし感謝の気持ちを忘れることはできません。この曲はそういった意味で、『新たな舞台で羽ばたいてきます!』というメッセージとも取れるのではないでしょうか。

カップリングの『コミュニケーション』はピュレグミのCMソングでしたが、面白い曲でした。中田さんはこういう曲も作るんだ!という驚きが自らの中に起こりましたね。 今までのPerfumeらしい曲ではないですよね。ぷるぷるつんつん。

 

○ 6th Live DVD『Perfume 3rd Tour 「JPN」』 発売日:2012/8/1

今回はDVDとしては初めて、初回盤の方にブックレットが付いてきました。 初回盤のDisc2にはさいたまスーパーアリーナ日本武道館での公演も収録され、豪華な内容になりましたね。やはりライブDVDを見て思うのは、あくまでライブ映像を収録しただけであるけれども、これも一種の作品なのだなということですね。つまり、Perfumeが大切にしている『ライブ』という場の解釈は見方によって様々なものがありますが、Perfume陣営が自ら切り取ったという意味で、『ライブ』に対してファン目線とは異なったアプローチがなされている作品だと思います。 改めてライブ映像を見ると、現地で味わえなかったもの、見えなかったものが新たに見えてくることも多いですし、体験の整理という意味でも価値のある一枚ではないでしょうか。

 

○ 16th Single 『Spending all my time』 発売日:2012/8/15

このCDに対してはこんな記事も書いていました。 

 

ライブDVDからわずか2週間おいての発売でした。 珍しく(リニアモーターガール以来)新曲3曲がシングルに収録されましたね。 表題曲のPVではサイコキネシスなど超能力がテーマに。 これもSpring of Lifeに続き、非人間的なテーマ設定でした。 ユニバーサルのイメージ戦略なのでしょうか。

そして歌詞はほとんど英語詞で、Perfumeが直接中田さんに日本語を入れてもらうように頼んだという話が伝わっております。

曲調もPerfume特有というよりは海外進出に合わせたような作りになっています。また一般に表題曲をテレビ番組では披露しない(Hurly Burlyが披露される)など様々な意味で異色のシングルでした。

ポイント、Hurly Burlyはキリンチューハイ氷結のCMソングでした。 どちらの曲もフルで聴くと違った味わいがありましたね。 今年のシングルは、結構実験的なサウンドが多かったイメージがありました。 一味違ったPerfumeを味わうのも面白いですよね。

 

Perfume Global Compilation“LOVE THE WORLD” 発売日:2012/9/12

徳間からのベスト盤です。感謝と旅立ちですね。 アジアツアーではこのコンピアルバムを基にセットリストが組まれました。 初回盤のDVD映像には、PTA会員を集めた『FAKE IT』のビデオクリップと『ポリリズム』の様々なライブ映像が盛り込まれたHistorical Live Act Versionが収録されました。

個人的注目は後者で、Perfumeの今となっては珍しきインスト時代のポリからDVD化されていない代々木のポリなども収録されていて、興奮しましたね。

楽曲面では『MY COLOR』と『チョコレイト・ディスコ』が新たにRemix。他の曲も全体的にリマスタリングされているらしいですが、私の耳そして貧しい視聴環境では分かりかねます(笑)

曲のチョイスのバランスがとても良いので、初めてPerfumeを聴く、またはファンになりたてという方が聴くのにピッタリの作品ではないでしょうか。

 

ひとまずまとめてみました。 あくまでもこの感想たちは参考程度にしてください。 来年もPerfumeの作品たちと多く触れ合えることを祈っております。 それでは、また。