あふれる想いはこの風に乗って

主にアイドル音楽、野球、将棋のことを。

ライブを落ち着いて眺めたい~明日への布石

○モヤッとした契機

 アイドルに限らずライブではオーディエンスが定型のフリなどをやって場の雰囲気を盛り上げるものが多いですよね。全てではありませんが、自分がよく観にいくようなジャンルのライブでは一般的にそういったものでしょう。普段は自分も盛り上がった気持ちの中そのフリを楽しむものです。

 でもたまにはそんなフリから解放されて、静かに観たいという思いも自分にはあります。 自分が動くと、ステージ上の演者がどうもぶれて見えてしまうのです。 実際の細かい動きの一つ一つを見逃している気がして、もったいないなと。

 また周りのファンにフリを合わせようとファンの方を見てしまったり。 自分はステージ上の彼女達を観に行っているのに本末転倒です。 ただ、会場で一人座席に座りっぱなしという行動をとっても、他の人が立っているので全くもって意味がありません。眼前にステージはないのです。それに隣の人が怪しみます(笑)

 

○ライブビューイングの可能性

 そこでライブ感に近い疑似体験が別の場所でできればいいのではないかと。 それを叶える一つの方法として『ライブビューイング』があると思います。 まだ大いに普及しているとはいえない状況ですが、可能性は大いにあるでしょう。

 自分も昨年の11月にPerfume関連でライブビューイングに行きました。 ただその時は結局多くの観客がライブと同じようにスタンディングで観ていたので、結局は自分も立ってフリをいつも通りこなして終わってしまいました。

 これはスタンディングで観ることの可否を問うものではありません。ただ落ち着いた気持ちで鑑賞することはできなかったのです。ライブビューイングは『ライブ』を映画館に持ってきただけなので、結局はライブ会場と同じような観戦スタイルになる可能性があり、静かにライブを観たいという思いを満たしてくれるものではありませんでした。(ただし『ライブビューイング』はスタンディングを推奨するものでもない。様々な見方があって然るべきである。前回のPerfumeのライブビューイングに関して、スタンディング禁止令が出た会場もあった。)

 それ以外の点に関しても、まだまだ映画館での鑑賞は実際のライブとは隔たりがあります。ライブビューイング専用シアターなどがこれから出来れば、今までとは違ったライブへのアプローチができるかもしれないですね。

 

○そもそも静かにアイドルのライブを見ることは邪道なのか  

 ここまでダラダラと書き連ねてきました。 もしやこの記事を読まれている方にはこんなことをツッコまれるかもしれません。 アイドルのライブなんてファンも盛り上げて楽しむものなのに、静かに観たいなら家でDVDでもBDでも見ていればいいのでは? 確かにそうかもしれません。 ただしできるだけライブに近い体感をしたいと思った時に、家に防音装備のシアターでもあれば良いですが、少なくとも自分はそのような環境にありません。家でDVDやBDを観ること自体は楽しめますが、もはやそれは別種の作品に触れる際の楽しみです。 それに他のジャンルなら静かに鑑賞できるのでは?とも言われそうですが、あくまで普段聴くジャンルのライブ、アイドルのライブを静かに俯瞰してみたいだけなのです。(我が儘ですみません)

 

○『ライブ』を静かに観られそうな絶好の機会

 そんな勝手気ままな僕の元にこんなとびっきりな情報が。

東京女子流 武道館Blu-ray/DVD発売記念!映画館で武道館ライブを見よう!イベント+新井ひとみ生誕祭 http://tokyogirlsstyle.jp/live/2013-04-10-19-00.html

 これなら家で見ることと比べ物にならないほど、ライブに近い体感が味わえるではないか!!(映画館という大前提は考慮しておく) しかもイベント代は実質2000円でドリンクSとポップコーンSが付き、セットのDVDまたはBDで家に帰ってからも何度となくプレイバックできるではないか!! しかもひーちゃんの誕生日も祝えると!!

 これは行くしか(〃^∇^)ノ ということで明日は行ってきます。 ちなみに当分の間、女子流を生で観る機会は自らの予定の為に少なくなりそうなので。 約束Tour一つでも行ければ御の字かなと。 なんとか一つは行けるように手配したいところです。 折角の機会楽しんできます(*^-^)/ *ちなみにまだチケットは「チケットぴあ」にて余っているようですので、どうせDVDやBDを買うつもりなんだという方で豊洲へ向かえそうな方は是非行かれてはいかがでしょうか。詳しくは東京女子流オフィシャルHP内の関連記事をご覧ください。